_1010740

2018春ヘッドフォン祭り

Pocket

MEZE Audio EMPYREAN

_1010751

上品で自然な音です。中高域は非常に素直な描写でなめらかな音。特定帯域に癖のようなものはありません。全帯域で綺麗な出音です(革パッド時)。これが布パッドになると中高音が奥に引っ込んでより大人なしい音に、そして高音は若干荒くなります。布が音を吸収してそのような音になっている印象です。

弱点としては中低域の課題があり、常にベールの掛かったような見通しの悪さがありました。しかもベールは比較的ワイドレンジで奥行きが見えない感じです。奥行きを気にしない人は気にならないかもしれません。これはE3の電圧モードでは特に顕著です。電流モードでは軽減しますが完全に払拭はされません。

ということでEMPYREANは一見とてもキレイで粗が見えない素晴らしい音を出す製品かもしれませんが、Utopiaのようにどこまでもハイエンドの世界を見せてくれるような懐の深い製品ではないかもしれません。懐の深さが制限される理由は外部機材ではなくヘッドフォン自体の性能によって奥行きの描写力そのものが制限されてしまうことです。

E1+E3というセットは十分ハイエンドクラスと言えますので、それをもってしてもこの音だとすると機材をアップグレードしても伸びしろに悩むヘッドフォンかもしれません

デザインと仕上げと装着感はとても素晴らしいし、宣伝広告写真もとても美しくて見てて楽しいです。要するにとても物欲をそそるのですけど、予想価格の4000ドルを考えるとFinal D8000やFocal Utopiaに比べてどこまでも音が良くなりそうなワクワクは今ひとつです。

_1010748

マス工房

_1010755

噂通りお話し好きの方が開発&対応しています。話すととても長いです。CDPがアンプに比べて実力不足とお客さんに言われているとか、試聴のためHugoに接続するためにRCAケーブルを現場で加工した話とか、HIFIMAN SUSVARAの個体が大きく以前比較した時に展示している品が一番良かった話など、多分スペースに行った方はどれか聞いてるかもしれません。

あと内部設計の話も少しだけ聞きました。ヘッドフォンアンプのmodel406が16パラレルプッシュプル(2chステレオで64個!)の出力部になっているというお話を聞きました。しかも大量に購入して選別作業を5%精度でやっているとのことです。これはとんでもなく大変な作業です!値段が高くなる理由も納得です。

肝心の音です。ここでは友人のUtopiaをお借りして普段聞いている音源でチェックしました。

自然できつさを感じないながらも中高域の立ち上がりスピードは極めて早く、一番下の帯域までしっかり伸び切ります。正直言うと高音は荒いと思いましたがCDPの問題でしょうね。とりあえずCDPが問題と思われる要素は除外すると、第一印象として全体的な音調はOji Specialとどことなく似ていますが、最大の違いは最低帯域まで伸び切る点でしょうか。Oji Specialも高性能、高品質の系統の音でしたが低音の伸びの部分ではmodel 406のほうが優位と思います。

ただし低音は意図的にリリースを遅くしているのか、若干柔らかさのある低音です。立ち上がりのゆるさより収束のゆるさのようなものを感じます。おそらくですが、この音は意図してそのように設計しているではと思います。なぜなら普通に高性能を目指して作るとこのような緩い低音にはならないからです。とはいえ当方の知らないような設計手法で高性能を目指した結果このようになっている可能性もありますけれども。

これは価格は高いですが現時点では最高性能に近いヘッドフォンアンプではないかと思います。比較対象になりそうなのはゴールドムンドのヘッドフォンアンプですね。あちらもかなりパワフルでした。絶対的なパワーはゴールドムンドが上かもしれないですが、キレや描写力の高さではmodel 406のほうが良いかもしれません。E1もありますけどE1は全く音が違うので選ぶ際に迷うことはないと思います。

それにしてもゴールドムンドはスピーカを鳴らす回路と同じものをヘッドフォンアンプに持ってきていますし、マス工房の設計は多パラ設計です。このあたりのお話を聞いて思ったのは電源の性能が必要十分となった以降の最終性能を決めるのは、フィードバックによる見せかけの測定抵抗ではなく真の電流供給能力を決めるトランジスタの抵抗、そしてエミッタ抵抗、このあたりをいかに詰めていくかが出音の限界を決めるのでしょうか。

HIFIMAN SUSVARA

_1010761

マス工房さんで最後にSUSVARAを聞かせていただきました。

このヘッドフォンはUtopiaと比較すると脚色された上品さを感じます。基本性能は高いですがそれだけではなく、中高音に何かが響いているような音がします。最初ヘッドフォンの箱鳴りかと思ったのですが、手でヘッドフォンを抑えても印象が変わりません。

それはどういう音かというと、耳が敏感な数kHzあたりにかけて収束が遅く余韻が長い帯域があります。それが音を若干丸めており、ちょうど嫌味がない程度に聞きやすくデフォルメしている印象がありました。響きは音をマスクする代わりに程よい響きは音楽的に良い効果をもたらすことがあります。

そのお話を伝えた所、マス工房さんの見解ではこれはユニットの分割振動だそうです。このSUSVARAの個性についてはしっかり認識されているようです。

またHifimanは個体差があり、いくつかの個体では低音が出なかったり高音が出なかったりということもあるそうです。決して安くはない高額品で個体差が大きいとなると購入するのは躊躇する理由になりそうです。

Final D8000

_1010765

本日最後となるFinalです。実はこの日は体調が悪く前日まで頭痛が酷かったので会場に到着したのが既に夕方だったのでここで終わりです。

D8000については以前から大変高い評価のレビューをたくさん見かけていたので興味がありました。ショールームもオープンしているらしいのですが月2回でしかも予定は公開されていない関係もあり今まで一度も試聴をしたことがありません。今回が初となります。

接続機器はQueStyleのヘッドフォンアンプでした。こちらもいつもの音源で音をチェックしますが、とてもクリアで高速応答なのが印象的です。ちょっと高音が荒れているように聞こえましたがこれはアンプまたはDACの性能限界によるものだと思います。もっと良い機材ならもっと綺麗な高音が出そうなポテンシャルは感じます。そして最大の特徴は低音ですね。

この低音は今まで一度も聞いたことがない領域の応答速度です。Utopiaを聞いたときはSPオーディオの延長にある自然で伸びのある低音だったのですが、D8000の低音は現代のどのハイエンドSPでも実現できないような超高速の低音じゃないでしょうか!それこそYG Acousitcs Sonja XVの内蔵ネットワークをバイパスしてゴールドムンドのハイエンドアンプでウーファーを駆動したらようやくこのような音になるのか?と想像してしまうような音でした。ショーやショップで聞いたXVではこんな音は出ていません。大げさかもしれませんがこれは間違いなく未体験の音です。

「YG Acoustics Sonja XV」の画像検索結果

少し実例を上げて書きますと「バスドラの音の違い」でわかります。普通のシステムだとボゥーンって感じです。これはフロアスピーカを使ったオーディオだとよくありますね。ハイエンドじゃないシステムだと小型SPじゃない限り大抵こんな感じです。立ち上がりが遅くて収束もゆっくりな感じです。箱も響いてたりしますので余計収束が遅いです。これがとても駆動力が高いアンプと現代的ハイエンドスピーカシステムだとボン!とかボッ!って感じになります。先ほどのUtopia+model406もボン!くらいですね。ボッ!ってほど早くはないです。これがD8000ではバツ!って感じに聞こえました。D8000の場合は低音のはずが高音混じりに聞こえます。それこそ常軌を逸した早い音です。

これを聞いて「どのようなシステムでもそんな音は出ないので誰も気づいていないだけで波形本来はこういう音なのか??」と思ってしまいました。丁度DAVEを初めて聞いた時を思い出します。これは未知の音を聞いて違和感を感じている瞬間です。D8000を購入することによって今まで見えなかった世界が見えるかもしれない…とても興味を惹かれました。

そう言えば、みなさんのレビューでD8000はヘッドフォンらしい近い音、Utopiaはスピーカらしい距離感のある音とありましたが、それはこの部分の違いがその理由かもしれません。D8000はヘッドフォンでしか出せないようなスピーカを逸脱した世界に突入しています。反面Utopiaはスピーカから出る音を逸脱しない範囲で最高の音(もちろん超高性能)だと思います。

もちろん今回の試聴だけだとどちらが優れているのかはわかりません。D8000は今回の印象で素晴らしいポテンシャルを感じたので購入に向けて検討したいですね。可能であればショールームにUtopia、DAC、アンプを持っていってD8000の真価を確かめたいです。もちろん購入前提です。それでこの日体験した通りの実力があるなら購入確定です。祭り当日の荒れた音では高音の評価が出来ないのでそれも本試聴に預けたいと思います。

体調が悪い中、無理してでも来てとてもよかったです。ようやくヘッドフォンがスピーカとは別の道を行くための入り口が見えたのでしょうか?D8000が指し示す道はもうスピーカと比較するような世界ではない、ヘッドフォンだけの高みではないか。そんなことを考えました。

おまけ Final E5000

「Final E5000」の画像検索結果

写真をとり忘れたので公式画像です。

D8000を他の方が視聴中だったのでその間にこれをぜひ聞いてくださいって渡されて聞きました。正直イヤホンは全く期待してなかったのです。ちょっと前までのイヤホンって値段だけ異常に高い割に音は価格と比例していませんでした。変な音作りのイヤホンばかりでまともなメーカーはほとんどありません。大手ですら高級機は派手すぎる音作りだったりして未成熟な業界だなって正直思っていました。

だって昔のヘッドフォンと全く同じだからです。ヘッドフォンもそういう時代がありました。価格と音質が比例せず癖のある高級機も多かったです。自分も昔はゼンハイザーと出会うまではそんな高級機の一部を使ってました。でも今のヘッドフォンはとても洗練されました。高いモデルは相応に高性能になっています。

その点でイヤホンはまだまだ高いからと言って高性能とは言えない昔のヘッドフォンやヘッドフォンアンプが流行した頃と同じような世界が広がっていました。これはeイヤホンで百種類に迫りそうな大量に並んでいるイヤホンを片っ端から聴き比べた結果の印象です。10年後にはいまショップに並んでいる半分以上のブランドが無くなっていると思います。多分いままでは多種多様な可能性が生まれてほとんどが消えていくカンブリア時代のような時代だったのです。

E5000、これは良いです!今まで聞いてきたイヤホンの派手さとクオリティの低さの両立ではなく、これはちゃんとまともな音がします!低音はボンボンしますが中高音はよく出来たスピーカオーディオを思い起こさせるような自然さと空気感があります。イヤホンでこんな音が聞けるとは思いませんでした。

ただ低音は遅いし量感過多ですね。不自然なくらい持ち上がっていてスピードもかなりゆっくり、先程あげたバスドラの例で言えばぼよよ~んって位遅いです。スピーカでもここまでゆったりな感じのシステムはなかなかないです。もしかしたらこの音は耳の中の水分の影響なのかなって思いました。密閉だと低音が逃げないので耳の中でエネルギーが減衰せずに共振してるとしたらイヤホンもある程度低音だけ逃がす構造が必要になっていくかもしれないと思いました。(現場の方にも仮説程度にお話しました)