打ち込みギターの参考とmix素材あげます

Pocket

追記:Mix素材はこちらにもアップしています。

http://innocent-key.com/wordpress/?p=3129

yohineです。今回は誰得なMix素材とかアップしたいとおもいます。実は夏コミ前の空白期間でデータも記事も出来てたんですけど東方警察騒動があったのでしばらく自粛してました。そろそろアクセスも落ち着きつつあるような感じなので、あげときたいと思います。

ちなみに今は大きな声で言えないですがかめりあさんのダブステぽいオリジナル曲コピー中です。なんかセンスいいというか好みに合うんですよね。実は典型的なダブステ(ブロステ?違いがよくわからん)の曲ってあまり好きになれないんですけど、ちょっと他の人と違う美学があるのが良いのでしょうか?理由はわかりませんがいいなって思える曲が多いんです。やっぱやっててやる気のある曲じゃないとこんな苦しい開拓コピー作業なんて続きません。

正直今まで一度も使ったことない音ばっかりだし、細かい音多いし、どうやって出したらいいかわからない音だらけで凄い難航していますが、音楽制作で初めてサイドチェーンコンプ(今更)も使いました。もちろんコピーした音源は公開できないですけど、せっかく作った音色とかは今度披露したいですね。ネットで探したプリセットとか全然気に入らない音ばっかりだったので結局ベース音色は殆ど自作しました。というわけで冬に向けて新しいことを身につけるために頑張ってます。公開はしませんけど違う傾向のEDM曲コピーは2-3曲やる予定です。

ではここから先は夏コミ前の書き置きの記事です。今回は東方は全然関係ないです!

・クリーントーンのギター素材が意外とネット上にないんです

今回の素材UPの最初のきっかけはこれです。

新しいIRを使ったアンプシミュレータのテスト&サンプル用に、クリーントーン直録の生演奏ギターが欲しかったのですが、そういう素材の含まれているMIX素材はもちろんないですし、単発データも見つかりませんでした。どれもアンプシミュレータを通したものばかりです。本当はもっと探せばあるのかもしれないのですが結局見つからないので自分で作ってしまおう、そしてもし同じこと考えてる人がいたら困ってるだろうなと思ったので素材を公開しようと思いました。残念ながら生じゃなくて打ち込みですけど…。その分打ち込みメインの人は参考になるところもあるかもしれません。

Innocent Keyの過去コンテンツ(背徳姉妹の暴走曲とか)でも良かったのですが、ギターのフレーズがあまり一般的ではない、ジャンルがマニアックで誰もが楽しめるような楽曲ではないのが明らかなのでやめました。でももしこちらも欲しいよて意見があればMIX用のパラ素材はあるんでUPできます。

・コピーしてみた原曲について

ちょっと前にもプラグインの記事で書きましたが今回コピーしたのはPCエンジン版ドラゴンスレイヤー英雄伝説2のストッパー、米光亮バージョンです。↑はオリジナルの音源で↓がコピーです。ここを見に来てくれてる人は殆ど知らないと思うのでオリジナルも貼ります。オンラインの投票で決める好きなゲーム曲ランキングの最新版でも下の方にランクインしてました。凄い古いしマイナーな機種なのに今でもそれなりの人気があるようです。そして今ファルコムは音楽著作権フリー宣言があったので、多分怒られないし安心して公開できるってのが良いです。

ストッパー/ドラゴンスレイヤー英雄伝説2/Copyright© Nihon Falcom Corporation

イントロのギターは取れないので諦めました。割りきって入れてません。それと思ったのは、音を実際にとってみるとリズムなんか細かいところに気を使ってて勉強になりました。地味な16分の挟み方とか変化の付け方が実はすごい大事なんだと気づきました。あとはギターソロはパッと聞いた感じよりずっと単純でした。スケールチェンジはあまりしてなくてアームとか早弾きで魅せるパフォーマンス重視のようです。でもこのほうが無意味に難解にするより勢いがあって曲調と良くあってます。

この曲自体は個人的な趣味セレクションでもあるのですが、この米光亮氏は自分の中の若いころの思い出なんでやっぱ思い入れがあります(とととしがバレますね)。この方は元々ギタリストなのでギターを多用する曲が特徴なのですが、それ以上にシンセリードの音作りの巧みさ、音色の組み合わせ方、独特のコードワークが特徴だと思います。特にシンセリードはギターソロに負けない表現と存在感が特徴です。多分ギター出身なのでソロに必要な要素をよく知っているのだと思います。

たぶん現代の水準で聞いたらそれほどインパクトはないと思うのですが制作時代自体がかなり古い(1992年とか)曲の割に、今聞いてもあまり色あせてないと思います(オリジナルの方、コピーのほうは劣化してます)。これは凄いことで色々同時期の作品も聞き直したのですが、このころのゲーム音源アレンジなんて今聞くと時代遅れだったりレベル低くて陳腐化してしまったものが大半です。細かくはどれがどうとは言いませんがやっぱり単なる流行のものって陳腐化するのだと思います。そして本当に優れているものは時代がたっても色褪せにくいということですね。

・製作音源について

AAS Ultra Analog
Eastwest Ministry of Rock 1
Eastwest Colossus
Musiclab Real Strat
USB Ultra Focus
ReFX Nexus
XLN Addictive Drums

yohineがソロディストーション系ギターの打ち込みでよく使うのはMinistry of Rock 1の7弦とColossus(今はGoliath)に収録されている56’stratocasterです。これはかなり前から変わっていません。満足できる音源なんて当時(2005年)は全く選択肢がなかったので以前は56’stratocasterだけで全部やってました。意外と効果音が豊富に収録されているので無理やり使いこなせばポテンシャルは高いです。ただしビブラートが入ってないので全部ピッチで書かなければなりません(面倒くさい)。Ministry of Rockのほうはビブラート付きなので大分楽です。今はもっといい音源もあるとおもうのですが、歪ギターでやりたいことは現状の音源で大体できているのであまり困ってません。

素材データもUPしてあるのでMidiデータとか音声ファイルみてもらうとわかるのですが、細かいノイズとかピッチベンド操作を適所に入れることで演奏のリアリティは大分違って聞こえます。SEとピッチを全て切ると典型的な死んだ打ち込みギターになってしまいます。この辺も自動じゃないので全て手作業でやってますから思い通りにコントロールできるのはいいのですが、その分手間はかかります。使いこなすのが面倒すぎるので今からこの音源を買うのはオススメしません。最近は自動でこういう音うまく入れてくれる音源もありそうですし。

シンセリードはAASのUltra Analogです。持ってるのは現行バージョンじゃなくて古いほうです。このシンセのいいところは経時変化が心地良い点です。よくある大体のソフトシンセっていまどきの派手な音は出るんですが、意外とビブラートとかポルタメントとか継続変化が気持よくない物が多いです。まぁ特化してる点が違うのでしょうけど。このシンセはそれがすごく良く出来てます。問題は地味すぎて時代にあってない音です。本当はこれで派手な音も出たら最高なんですけど、それはいまどきのシンセとかでやったほうがいいです。ともかくこのUltra Analogは米光音色を再現(マニアック用途すぎですが)する上ではすごく向いている音源だと思います。それ以外だとクラブ系じゃなくて普通のおとなしいアレンジには馴染みやすいです。基礎の音質は良い方で平均以上です。

音源で特筆すべきところは以上です。後はいたって普通だと思います。

・Mix素材とMIDIデータの提供

DLはこちらから↓↓↓↓

[Mix素材] , [MIDIデータ]

データ公開はギターのエフェクトテストとかMixの練習とかに使ってもらうことを想定してます。今はあまり需要が少なそうなギターの打ち込みテクの参考資料でもあります。あとはネットでみていると米光亮のサウンド追求している人が凄い少数ですがいたので、ある意味そういう極小数の同士に向けて研究の足しになればいいなと思ってます。もちろんこれ使って他所で公開とかやってもらっても構いません。こんなものは単なるコピーなんで権利とかは全て原曲側ですし、問題のない範囲で好きにやってください。あ、でももしUPするならついでにここも紹介してくれたら嬉しいなというのはありますね。

・プロ目指すなら楽器できたほうがいいよ!

なんでギター打ち込みにそこまで無駄なことやってるの?ってことなんですが楽器が苦手だからです!これでも昔ギター買ったりしたんですけどF抑えられないレベルでやめました。なんかやっててもうまくならないし続けられませんでした。多分運動能力が普通以上の人は楽器やったほうが絶対早いしそのほうが将来性もあるので打ち込みなんかやるより楽器をおすすめしたいです。楽器どうしようもないけどギターやりたいって人は色々な音源かって頑張るしかないですが。

とにかくyohineは楽器練習しても全然うまくならなかったし、動きを覚えられない、動きをすぐ忘れる。音ゲーとかもそうなんですけど一定の難易度(☆3つとか)になると絶対無理なんです。頭で次何が来るかわかってても手が動かないしミスが多い。特に速いスピードの動きが苦手です。多分普通の人が1年かかってできることもヘタしたら10年以上かかるんじゃないかと思います。出来る人は簡単な曲は何回かやったらすぐ覚えられるらしいのですが全く信じられないです。そうですね、例えるならよく小中学校のクラスで運動がどうしようもなく出来ない人がどこでも一人か二人いますよね。ボール投げても全然取れないし、動くのもトロイし、体動かす物覚えが悪い。そしてクラスでスポーツ対抗チームを組むとき絶対にあぶれますよね。まさにソレでした。楽器って結局運動に変わりはないので未だに鍵盤も簡単なコード進行すらおさえられないです。ピアノも2年以上習ってたんですけどね!でも大抵の人はここまでひどくないと思います。

ネットで調べると運動と楽器の相関性ってそうでもないよ?って結果もあるみたいですけど、自分の場合はたまたま運動も楽器もどっちも才能ないだけかもしれません。噂によると演奏と相関性があるらしい「ぷよぷよ」もいい年して検証のために結構やってたんですけど、若い人にどんどん抜かれるし、そりゃあある程度うまくなりましたけど、数年の努力は才能ある若人に1ヶ月で抜かれるレベルでした。まぁこれは楽器とは関係ないかもしれません。

なのでyohine作品のフレーズとかソロとか細かいところとかも全部マウスだけでやってるのが現状です。正直効率悪いですし長時間やってると右手が腱鞘炎になりそうです。周りの音屋さんに聞くと(レベル高い人ばっかりなんで当たり前なんですが)曲作成で鍵盤使ってない人なんて全然いないですね。マウスだけでやってる人とかある程度以上のレベルだと皆無でした。そりゃそうですよね。寂しいですけどそれが現実のようです。

ここからわかることは結果から見ればプロ目指すなら楽器一個くらいは出来ないと話しにならないってことだと思います。そして例外はないようです。自分もプロの作家の道はここで諦めたので楽器できない作家は生き残れないという可能性は上がりました。まぁ楽器ができるってもイメージや音のスケッチとかちょっとメモ出来る程度でいいと思うのですが、それすら全然出来ないと作曲作業はかなり辛いです。頭でなっている音を探している間にどんなイメージだったか忘れてしまいます。なのでyohineの作曲は全て試行錯誤で音を探してつないだだけです。結局プロなんて絶対無理!って投げたのもこの辺が一番の理由です。

こんなところで書いてどれだけの人に伝わるのかわかりませんが、人生で同じような失敗をしてほしくないので書いておきたいと思います。

Subscribe
Notify of
guest

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

1 Comment
Inline Feedbacks
View all comments
Ghana_E_Srium
5 years ago

RT @_yohine: 打ち込みギターの参考とMIX素材あげます: yohineです。今回は誰得なMix素材とかアップしたいとおもいます。実は夏コミ前の空白期間でデータも記事も出来てたんですけど東方警察騒動があった… http://t.co/rsKHM4NmKY