2017マラソン試聴会とヘッドフォン祭

Pocket

新生ソナス Amati Tradition

数kHz帯域に幅広いピークか共振帯域があるように聞こえます。以前のフランコモデルではなかった特徴です。これが独特の緊張感をもたらしており、リラックスして聞くというより楽器にかぶりついて聞く印象になっています。またそれより上の帯域も若干きつめの音になりがちなので正直SPとリスナーの間にカーテンを引くくらいでちょうどいいと思いました。

川又さんが鳴らしているときはそうでもありませんが、最初部屋に入った時に別の人が鳴らしていました。このときの弦の音がきつくてかなりよろしくない音でした。生の自然な音とはかけ離れたハイが悪目立ちする音です。オーケストラの生音はこんな音してません。酷いです。

そのあと川又さんが鳴らすと大分バランスが良くなりますね、不思議ですけど。そうなると今度は残された中高域のピーク感が目立ってしまいます。この時の音はとても悪い音だとは思わなかったですが、オケを聞かせるスピーカならこのピーク感は無くしたほうがずっと良いと思います。勿体無いです。

中低域の響きは楽器の胴鳴りを思わせる質感で良い意味の余韻があります。この辺のソナスのスピーカらしくない響き方は以前のモデルを継承しており良い印象がありました。

個人的にはですがもう少し中高音の押しを和らげたらもっと聴きやすい曲が増えると思います。新生ソナスは現代ハイエンドに突き進むよりも中低域の響きの良さに見合うように中高域のバランスを整えた上で現代的に進化できる方向性を模索するべきです。

B&W 800D3

低音はこの中で一番タイトです。バスドラの録音では膨らみもなく一番発音も収束も早いです。どこまでも伸びる低音ではないですが低音の速度の描写力は非常に優れています。若干細身な低音ですけど無駄に膨らんでいるよりは個人的には好印象です。

マラソン試聴会のデモでは3wayの音が完全にばらばらで一体感がないことが何度かありましたが、この日は中高音の繋がりもあまり気にならなかったです。着実にシリーズの進化を感じました。

一番気になったのは高音のピークです。多分ですけど可聴帯域かもっと上の方、かなり上の方で強いピークがあって、曲によっては発音時にとてもきつい音が出てました。ですがおそらく帯域外かそれに近い領域のように感じたので、このあたりはケーブルや周辺機器のバランスで調整できる範囲とは思いました。

この部分をうまく調整できればこの中では現代的ハイエンドとしては最もハイクオリティで好バランスだと思います。

Focal Scala Utopia Evo

高音の自然さはこの中では一番良かったです。ベリリウムツイータですね。弱点は低音が膨らみがちなことです。明らかに箱が鳴ってます。鳴り方もいかにもスピーカという感じの鳴り方なので、ソナスのように音楽的でもないです。量感はありますからゆったりした低音を好む方には合うと思うのですが、この日の比較では他が現代的なスピーカだったので直接比較すると気になってくるところです。

最後に川又さんがどれが良かったか聞いてましたが、このスピーカが一番支持が少なかったです。良さがわかりにくかったか、ちょっと箱鳴りが強い古い音に感じた、最後にかけていた曲がこのスピーカに合ってなかった。そういう要因じゃないかと思いました。当日の評価よりは良いSPだと思います。自分的には現行ソナスよりは良いと思います。この日の音は低音がゆったりしていても違和感がない曲が合ってそうです。

スピーカ比較まとめ

個人的評価は、高音はFocal>B&W>Sonusで低音はB&W>Sonus>Focalというところです。総合評価だとB&Wでしょうか。

dCS Vivaldi DAC vs MSB Reference DAC

Vivaldiは華やかな高域です。以前にもVivaldiの音はレビュー書いてますがMSBとの比較だと圧倒的な力強さみたいなのは感じなかったです。MSBと比較するとVivaldiは明らかに色付けを感じる高音なのですが、むしろそれが受けてる要因かなと思います。途中でどちらが良かったか聞かれましたが会場は8割くらいVivaldiでしたね。

MSBはおとなしくて上品で奥行きが深い音でした。今までの路線の延長線上です。地味な音なのですがクオリティは相当高いです。個人的な評価軸だとVivaldiは減衰を最後まで描けておらずMSBのほうが潜在力は高いんじゃないかと思うのですよね。この日はプリアンプ経由なのですが、プリアンプをなくして直結で比較したらMSBのほうが圧倒的に良かったのではないでしょうか。

でも殆どの方はVivaldiを選びました。ここからわかるのはこの領域になると基本的なクオリティはどれも一線を越えており、音楽的な描写の仕方やぱっと聞いた音色の印象のほうが重要ってことです。基礎クオリティはミドル価格帯(100万円以内くらい?)までのDACでは支配的ですが、100万円を超えてハイエンド以上になると音楽的趣向のほうが支配的になるということのようです。

HIRO Acousticの印象

中高音は最高です。キレも透明感も無駄な贅肉がなくてスピードが見えない自然さ。でも低域は高音に追いついてないと思うのです。今回もその印象は変わりませんでした。高音が完璧すぎて低音の不完全さが気になってしまいます。

誤魔化す余地のあるようなスピーカではないのでこのモデルはここから先難しいです。低音を完璧にするのはほぼ不可能だとすると中高音を低音に合わせなければなりません。そうすると現状よりトータルのクオリティが低下してしまいます。

となるとHIRO Acousticが現在も継続して低音の改善に力を入れている通り、これ以降も低音を改善し続ける必要がありそうです。いつか完璧な低音が出るようになった完成形を聞いてみたいです。それはもしかしたらSonja XVを超える可能性があります(その日は来ないかもですが)。

ヘッドフォン祭り 2017秋

前回に行けなかった注目2ブースについてだけ書きます。カメラを持って行き忘れてしまったので写真は無しです。ネットにあるのでそれをお借りしました。今回はどちらもメーカー公式画像です。

Kurada

噂のフルオープン特注機の初試聴です。音はとても透明度の高い中高音と膨らみがちで歪む低音という珍しいコントラストです。どこまでがヘッドフォンでどこまでがシステムの音なのかちょっとわからないですが、トータルでは普通にハイエンドクオリティ!超個性的ですが突き抜けてて良かったですね。

全体的に音は厚めです。中高音も繊細なのに厚みがあるっていう面白い音です。多分低音以外の歪率も高いせいだと思いますが、むしろいい音です。おそらくですが中高音の歪率が高くてもノイズが少なく澄んでいて、前後感も質感も見えやすいかなり緻密な音質です。駆動も自然なのに力強く無理しているようなところを全く感じさせないのは前回のE1Rの印象と同じです。定位も広くて余韻も深いです。

ただ音数が少ない曲だといいのですがベースとバスドラ、それ以外に中低音が複雑に重なってくる楽曲だと低音の描写にとても違和感があります。普通じゃない低音の出方です。ベースの重心が高すぎて一番下がスカスカです。500Hz以下くらいにとても大きな膨らみがあって、本当の下の方は全然出てません。歪率もとても高い帯域になってくるので明らかにベースの音色も異質。ディストーションな感じです。

このシステムはそういう曲よりも音数の少ないしっとりしたバラードみたいなのが合うと思いました。やや濡れたような質感があって厚みと透明感を両立しているのでハマったら抜け出せない強い個性と魅力があります。

最後にアンドリューさんに直接色々話を聞いたのですが、どうやらE1Rとフルオープンの組み合わせがこの独特の低音を出しているそうです。普通はそこまで低音が出ないそうなのですがこの組み合わせだとかなり低音が出てしまうそうで、再生されている周波数特性自体がフラットではない可能性もありそうです。

ブリスオーディオ

ここは現代的なハイエンドの追求って印象でした。個性がとても強い音ではなくて基本は王道の無色系ですが独自の個性は感じました。

肝心のヘッドフォンケーブルですが最初はミドルクラスのケーブルだったのですがせっかくなら一番いい音を聞かなければなりません。すぐに最上位ケーブルに変えてもらいました。Murakumoで試聴したこのシステムは素晴らしい中域の描写力がありました。音の減衰の描写力はこの日聞いた中ではトップクラスでしょう。最初のミドルクラスケーブルのときは僅かにざわざわした音がしており、やはりここのケーブルによる仕上げの影響力は大きいです。

その他の特徴としては恐らくヘッドフォンアンプの特徴だと思うのですが、とんでもなくハイスピード系なのに低音が一番下の方まで出てないことです。駆動力がこれ程高かったら低音も伸びそうなのですがそうでもないです。そしてその代わりに低域よりちょっと上の中域が普通よりも強いというか、発音した瞬間だけ強い密度感がありました。

高域が刺さるって表現はよくありますけど、ここの音は中域で殴られる感じって言えば良いのでしょうか。超低音に来るはずのエネルギーが中域のエネルギーになっていてそれが瞬間的に来る感じです。高音が刺さるのが針で刺されている感じだとしたら、ここの音は丸太が飛んでくるイメージです。中域でエネルギーが爆発してるので中域の透明度が最も高く感じるのかもしれません。これは他のハイエンド系のシステムでもあまり聞いたことが無い感じです。

低音が伸びなくなるような、アンプ駆動力が足りないときって普通は少し上の帯域に厚みが出て発音と収束がその帯域で遅くなることが多いですが、ここのシステムはそういうスピードの遅さは全くありませんでした。エネルギーバランスは最低音域より大分上に来てるのに瞬間的に音が全部放出されて素早く収束する印象です。これはちょっと不思議な音の出方です。上流で低音が出て無くてアンプの駆動力が絶大だったらこうなるのでしょうか?といってもDSP-Velaがそんなに駆動力がないとは思えないのでたぶん違うと思います。

あとここの音は現代的ハイエンドサウンドが基本ですが意外に高音はわずかな華やかさがありました。ちょうどVivaldiを10、MSBを0としたら1くらいの華やかさです。とても控えめな演出ですがあると無いとではだいぶ印象は変わるかもしれません。たとえば減衰の描写がとても明瞭に聞こえる理由に、ケーブル品位+この華やかさがアナログディザー的に貢献している部分もあるように思いました。