Quadcept Communityを使ってみて思ったこと


Quadceptは基板設計ソフトで比較的あたらしいものです。動画みてもらうとわかりますが、高機能で使いやすそうなUIとDigikey提携のはじめから充実した部品ライブラリが売りのようです。ただし月額課金制を採用しているのでこれを使い続ける場合は恒久的に費用が発生するという仕様です。公式では費用が安いって書いてありますが、安くなるのはもうすでにそれなりのソフトを使っている現場とかじゃないでしょうか。費用については後で思ったことを書きます。

https://www.quadcept.com/ja/product/index.html

ところで自分は現在DesignSparkPCBを使用して開発を行っています。これはこれで不満はそんなにないのですが、Quadceptはより高機能で使い勝手も良さそうという点で気になっていたソフトではありました。しかし以前は有料版しかない為全く検討材料にしていなかったのですが最近コミュニティ版というフリー版が出たのでインストールして試してみました。

DesignSparkでの不満点

参考までに現在のDesignSparkPCBで不満な点は次の通りです。

  • 差動配線、等長配線を手動で行わないといけない
  • バス配線の非対応 隣り合った配線を手作業で奇麗に整理しなおす必要
  • 回路とPCBをまとめてテンプレート化ができない(同じ構成を新規設計のたび再配置させられる)
  • デフォルト配色のセンスの悪さ。これはカスタマイズで対応しています

Quadceptではこの辺りの機能が動画でアピールされており魅力的でいろいろと機能を試していたのですが、コミュニティ版では残念ながら回路図の配線色を変更する機能も差動配線もグループ保存機能もないようです!まぁPCBソフト専業メーカーがリリースしたフリー版だから制限ばっかりで不満があるなら製品版を課金してねっていう導入線でしかないのは仕方ないのかもですが、あまりにも制約ばかりでDesignSparkより優れている点はUIくらいしか感じませんでした。例えば部品移動した時の配線の追従とか良かったのですが乗り換えようってほどの強みがありません。

これから初めて使う人は日本語対応もあってDesignSparkより使いやすい可能性はありますが、フリー版で一番問題なのは商業禁止の制約です。たとえば個人でも基板配布したいと思ってる人はこの制限に引っかかりそうです。そういう用途で考えている人はDesignSparkかいまだと押しのけ配線などがあるKiCadのほうが良いと思います。あとでソフトを乗り換えるのは大変なので慎重に選ぶ必要があります。

危険!プロ版を立ち上げるとデータが勝手に変換

念のため商業版なら上記の機能の対応ができるのか試してみるために試用版を合わせてインストールしてみました。そうしたところコミュニティ版のデータが勝手にプロ版に変換されてしまったようでコミュニティ版からはデータが一切見えなくなってしまいました。プロ版からは見えたのでデータを単純にファイルを移動してみましたがこのような方法ではもう戻すことができないようです。

とりあえずは簡単な試験データだったので消えても別に問題はないのですが、コミュニティ版でいろいろ制作していた方がアップグレード検討のためプロ版をインストールした場合に、それまでの時間と手間をかけた作品がすべて使えなくなってしまったケースを考えるとクレームに繋がりかねない危ない仕様のように思いました。まぁ引き続きデータを使いたいなら課金してねってことなんでしょうがちょっと強引じゃないですか?

というわけでこれから使おうって方はこの点すごく注意したほうがよさそうです。これはさすがに公式にメールで報告をだしました。しかし対応しますという明確な返事はなく、「社内で協議するかも」というレベルだったので、深刻なクレームに発展するまで所詮フリー版だからという判断によって放置かもしれません。

価格と機能について

ここからはメールで同時に送った(メーカーからしたら本当にいい迷惑だと思いますけど…)感想や意見などを再構成してアップしてみたいと思います。

各要素を見ると残念ながらQuadceptコミュニティ版はDesignSparkPCBと同等以下なので DesignSparkから乗り換えさせるのは難しいと結論付けざるを得ません。DesignSparkも癖のある使いにくいソフトとまでは行かないので乗り換えはそれまでのパーツライブラリを捨てなければならず敷居が高いです。(あくまでDesignSparkユーザーからしたらって話です)

ただしこれから基板設計を覚えたい方がDesignSparkと比較して選ぶ可能性もあると思いますしソフトの出来や細かい使い勝手は現状QuadCeptのほうが良いと思います。

ここで現状のコミュニティ版が検討できなかった理由を書きます。

  • オーディオ用の基板がメイン制作物なので、上記で気になった一部の機能は手動でやりきれる規模。実質DesignSparkPCBで問題なく、コミュニティ版はこの差動や等長配線機能もないので乗り換え要因にならない。
  • 個人的に回路図の配線カラーを変えていきたいがコミュニティ版では非対応。これはDesignSpark以下。
  • サプライヤーの連携サポートはDesignSparkにもある。RSとDigikeyでは正直Digikeyのほうが魅力的だが、その分は機能制限なしの無料+RS提供のライブラリが先行している点で後発の不利さ。この部分も現状では QuadCeptが圧倒的優位ではない。
  • DesignSparkは商用OK。そのためコミュニティ版は一部用途にしか使えずプロ版との連携が必須。

RSというバックがありソフトで利益を出す必要のないと思われるDesignSparkと、独立したソフト会社であるQuadCept ではビジネスモデル的に比較が出来ないと思いますが、この部分の制約のせいで比較された時Quadceptが伸び悩みそうに感じました。

要は後発が先発に対抗出来るだけの差別化が出来ていないと思ったところです。特に海外のコミュニティを見ているとDesignSparkのユーザーはすでにそれなりにいるような印象ですし、サプライヤーがバックにいる無償ソフトというカテゴリが共通なので、海外でもこれからQuadceptは必ずDesignSparkと比較される運命にあると思います。

では個人的な判断として、コミュニティ版がどのような仕様だったらDesignSparkから乗り換えるか、またはプロ版がどうだったら乗り換えるのかという判断基準を具体的に書いてみたいと思います。

コミュニティ版に乗り換える条件

DesignSparkと比較した時にわかりやすい決定的な優位性がないので難しいなという印象です。現状だと UI(国内限定なら日本語対応も)が一番の売りだと思うのですが、機能制限や商業制約があるので上記のとおりDesignSparkと比較するといまいち優位性が見えてこないです。なので決定的な機能をコミュニティ版でも開放しておいて、そこでDesignSparkとは明確に差別化してユーザーを集めたほうがよいと思いました。

まずコミュニティ版、シェアライブラリという用語からはユーザーが作ったパーツやテンプレートを共有できるような将来をイ メージしました。もちろん中には不良とか粗悪品も出てくると思うのでユーザー作成のパーツについてはそれを使った人が良い悪いの評価とかリビジョンアップが出来るようにしておいて、コミュニティ内でミスの情報を共有したり修正できる仕組みを用意します。変更したリビジョンはサーバー側で保存してツリーで変更履歴が見えるようになっていれば良いと思います。

こうすることでユーザーが増える、パーツが増える、という好循環にもっていけないかという発想です。これは丁度mbedがオンラインコンパイ ラでやっていることと同じです。あちらでは公式ライブラリ+ユーザーライブラリはクラウドで共有され誰でもプロジェクトに気軽に追加することが出来る状態になっています。これがクラウドのメリットを最大に活かした手法だと思います。

そしてパーツだけではなく回路+PCBのグループ&ブロックテンプレート単位でも登録ができるべきで、これにより既存のテンプレートライブラリが増えるほどソフト導入のメリットは急速に拡大します。現状ではコミュニティ版ではグループ単位の編集は不可能ですがこの機能を発展させ、むしろフリーで開放したほうが実はオンラインコミュニティの最大の武器になると思うのです。

例えばADC、DAC、ディスクリートスイッチング電源、CPU+メモリ配線等のアナログ的に設計の難しいPCB+回路図のテンプレートが沢山あったら今までパーツ単位から手動配線していた基板設計がこれからは出来上がっているテンプレート単位での組み合わせ設計へとかわります。これによって電気特性の保証された回路+PCBを気軽に使えますので、まだまだスキルのない人でも既存のテンプレートをいくつか追加してテンプレート同士を接続するだけで完成度の高い基板が出来るはずです。もちろんテンプレート内のパーツはDigikeyで一発発注です。

これは個人的にはすごい良いアイデアじゃないかと思ったのですが、商売には結構厳しそうだなと思ったのかあまり良い反応ではありませんでした。残念です。どこかこういう機能を制限付きでいいのでフリー(ユーザーが増えないと共有のメリットが薄いのでフリーが重要です)で出してくれたらmbedのように基板設計CADの常識とか時代が変わる可能性もありそうなのですが…。DesignSparkはRS縛りがあるから無理そうですし、期待できそうなのはKicadくらいですかね。

プロ版に乗り換える条件

最大の難関は価格ですが、現在の料金を実質変更せずに乗り換え検討できる条件が一つあります。それは従量課金の単位を細かくすることです。

現在は1ヶ月という単位ですが正直私のような超小規模の個人で平日会社勤務だと月まるまる設計することはほとんどなく何枚かまとめて設計して 発注した後はしばらく組み立てや実験を行うのでその間ソフトで基板設計は一切しません(回路図やパターンの確認程度)。ですが1ヶ月単位だとほとんどスカスカなのに通年課金に近い状態になってしまいます。実際には年で数十日しか使わないとしても月額制だと非常に割高になってしまう問題です。肝心の費用が安いという売りの料金設定も実は数年使ったら本格的なソフトが買えるくらい高額なので宣伝ほど実質は安くないというわけです。

現状ではフル機能で月だいたい15000円ですが、それを単純に月30日で日割りすると一日500円です。このように一日単位で課金するスタ イルなら検討出来るようになります。たとえば設計は何日かにまとめてやってしまえば安く済ませられます。ただし毎度課金は手間も時間もかかりますので事前に1000円、5000円、10000円単位で登録しておいて使う時にそこから引いて利用するというイメージです。この辺は既存のオンラインゲーム等の方法に近いイメージですし、簡単な方法が充実しているので似たような形を参考にするのが良さそうです。まとめて課金で割安にするとかは常套手段ですね。

現状のように広告で訴えているようなコスト削減を本当に実現するためには、上記のような日割り課金 スタイルにも対応できると選択の余地が広がって良さそうだと思ったところです。

というかDesignSparkを使えば設計ソフトに掛けるコストは0ですしDesignSparkにそこまで困ってないことが理由で今のQuadceptプロ版はあらゆる意味で敷居が高すぎて全く検討の余地すらありません。差動等長をBGAで多用とかならありかもしれませんが。まぁこの辺の話はそもそもあなたはターゲット層じゃないよって言われればそれまでの内容でした。