recording

オーディオの音質差をスピーカから録音!のまとめページ

Pocket

※2016/07/13 アップローダの期限切れに対応して一部再アップロード。

ここではオーディオの色々な音質差を実際に録音して比較するための音源公開ページです。内容は随時アップデート、追加予定です。将来のためにまとめページを作成しました。今後DACやパワーアンプ等、各種音質のレコーディングデータをアップしていきたいと思います。

ケーブル否定派の方はこの機会に是非このデータをチェックしてみてください。特にWavの差分を取ったとき各ケーブルごとに異なる特徴の差分が取れます。全てのデータはタイミングを完全に合わせてありますので逆相で簡単に打ち消しが可能です。これはブラインドテストなどよりよほど確実な方法だと思います。スピーカケーブルのほうが帯域分布が変化しますのでわかりやすいです。

レコーディング環境

オーディオIF : TASCAM UH-7000
マイク : DBX RTA-M * 2
DAC : AK4495S dual DAC
パワーアンプ : WF-P400(Ncore)
スピーカ : 特注アルミエンクロージャ大型フロアスピーカ

スピーカから出力される音を測定用マイクで収録しています。再生用と収録用ではPCを分けています。マイクの場所はスピーカの真っ直ぐ前、マイクスタンドでツイータから正面1mの距離に左右等距離でセッティングして収録しました。上の写真はマイクを外した後ですがセッティング自体は画像のような感じでやっています。

左右チャンネルの位相とレベル差はすべてDAWで確認して必要があれば修正します。どちらにせよ厳密に左右が等距離でないので位相の修正は全トラックで必要でした。修正しないと左右の定位が曖昧で中央定位がなくなります。しかしスピーカ依存の位相ズレや左右の距離による左右音波到達時間差による位相ズレによる音の干渉は完全には消去できておらず、位相ズレは完全に消すことは出来ていません。

再生はPC側のプレイヤーでPCM->DSD128に変換、そのままDACにはDSDで入力しております。これは意図的ですが録音データには原音には含まれない折り返しノイズが出ています。その分高い周波数が(約30kHzくらいまで)収録されています。これはケーブルの差をよりはっきりさせることを期待してあえてそのようにしました。

録音データは96kHz/24bitでの収録です。EQやコンプなどのプラグイン類は一切使用していません。

■DACチップの音質差

録音データ(Zip圧縮) 300MBほど

こちらの記事で作成したDSD対応DACプラットフォームによる比較です。パワーアンプはNcoreアンプですべて共通です。あとの条件はDACからデジタルボリュームでパワーアンプへ直結しており。DDCはXmosからのSPDIFをすべて共通で使っています。デジタル回路、電源回路、使用オペアンプ、抵抗の種別はすべて共通ですので純粋なDACの音質差に近い比較が可能です。こちらはPCMによる再生です。

DAC_AK4490.WAV
DAC_AK4495.WAV
DAC_CS4398new.WAV
DAC_CS4398.WAV
DAC_WM8741.WAV

補足です。CS4398の無印とNewの違いは基板レイアウトのみです。部品などは共通。一部パッシブのセラミックコンデンサの数に違いがありますが、これの主な変化要因は基板パターンによる違いです。Newは最新世代のレイアウトです。

差し替え用ボードのES9018が現在貸出中のためES9018だけ含まれていません。ですがES9018の音質的にはこのなかではAK4490に最も近い感じです。AK4490よりも滑らかさにおいてES9018のほうが優れています。ただ高域の神経質さや質感の繊細さはAK4495ではなくAK4490に近いイメージです。

ES9018代表としてカプリース本体の録音も入れてあります。

■DACの音質差

こちらは違いがわかりにくかったので改めてアップし直します。

Caprice_Internal_Volume.wav
Caprice_CS3318_Volume.wav
AK4495S_Ver1.wav
AK4495S_Ver2.wav

CapriceはES9018使用のあれです。ES9018の差し替え基板がなかったので代わりにES9018代表としてこちらを使いました。Internal Volumeは内蔵のアルプスミニデテント、CS3318は自作プリを経由した音になります。

■アンプの音質差

録音データ(Zip圧縮) 150MBほど

これは最も明確な違いがありますのでわかりやすいと思います。DACやケーブルの差よりずっと聴き比べがしやすいです。アンプの違いはそれだけ大きいということでしょう。

PMA50.wav
Integrated_da_ucd180.wav
Integrated_da.wav

PMA-50.WAVはそのままPMA-50へSPDIFで接続して鳴らした場合の音です。このWAVファイルはスピーカで一度鳴らしたものをレコーディングしたファイルですが、実はSPからレコーディングする前のCDソースが有ります。もし原音というものがあるとしたらこの場合はCDそのままの再生音が原音になります。そう考えた時にどのアンプで鳴らしたものが最も良いと考えられますでしょうか。

Integrated_da_ucd180.wavはそのままHypex UcD180で、Integrated_da.wavはNcoreで鳴らした音です。

■XLRケーブルの音質差

録音データ(Zip圧縮) 400MBほど

Belden 8412
Belden 88760
Nordost BlueHeaven
似非Odin
似非Valhalla
AudioQuest Columbia
ラダー型
自作シールド

上記のXLRケーブルの収録はNordost Super FlatLineをスピーカケーブルとして共通して使用しています。こちらはスピーカケーブルよりも聴き比べは難しいです。実際に現場にいる時よりも収録された音声の違いはかなり僅かになっています。それでも違いは収録されていますので実際に聴き比べてみてください。

個人的にはこの中で選ぶならラダー型(癖の無さとバランス)、似非Odin(中域の分離と奥行き)、似非Valhalla(スピードと帯域)のどれかです。これは実際に現場で聴き比べた結果としての意見です。

■スピーカケーブルの音質差

録音データ(Zip圧縮) 200MBほど

Nordost SuperFlatline
似非Red Dawn
CROSS-POINT XP-SP EN(eau-rouge ER-SPと同等?)
ラダー型 8段ラダー

上記のスピーカケーブルの収録は似非OdinをXLRケーブルとして共通して使用しています。Wavの逆走波形で差分を取るとよくわかりますが、スピーカケーブルは低音の量自体が変化するようです。これはXLRでは見られない特徴です。こちらのほうがXLRよりも違いはわかりやすいです。

あくまで個人的な感想ではありますが、音質傾向としてはSuperFlatlineは広帯域で癖のない音質ですがやや平面的な音で細部が曖昧。ラダー型はあっさりとしており分離重視で緻密な描写で彫りが深い音。似非RedDawnはキラキラとした付帯音がありますがラダーよりさらに描写の彫りが深い音です。ER-SPはこの中ではRedDawnの次に色付けがありラダーより少し彫りを浅くした音に聞こえました。

しかしここで書いた「描写の彫りの深さ」はUH-7000のDACで聞いた時は全くわかりませんでした。生の現場で聞くとこの違いが録音されたWavよりも顕著に違いました。

ということでもしこのWavをきいてFlatLineと似非RedDawnのWavの彫りの深さや色彩感の違いがわからない場合はDACやアンプの性能が不足している可能性が高いと思います。このなかではオーディオ的にRed-Dawnが付帯音が明確にある点を除いてはクオリティが高いと個人的には思いました。この付帯音は好みが分かれるところです。それでもこの中では最も空間表現と緻密な描写に優れているでしょう。

使用音源

レコーディング比較には、いろいろな要素が1曲で同時に確認できる「花ハ踊レヤいろはにほ」です。フルバージョンはマズイと思うのでここで公開するのはショート版にカットしてあります。

こちらの使用楽曲の解説をこちらにアップしました。

61jd9lXlzcL