オーディオってオカルトなの?


ページタイトルの「オーディオってオカルトなの?」ってのは、よくあるオーディオに対する世間のイメージだと思うんです。怪しいネタもよく見かけますし、異常に高額なハイエンド製品とか見ると極普通の人からすると「なにそれ。高杉。怪しい。」とかの異世界感?は感じるのではないでしょうか。でも根底にあるのはより良い音で聞きたい、という単純なところです。

で、オーディオがオカルトかどうかについてなんですけど、結論から言えばほとんどすべての要因で音が変わるのは事実であってオカルトでも何でもないと思っています。確かに一つ一つは細かい違いですし、この手の違いのわからない人からしたら信じられないのかもしれないですが、電源ケーブルや振動の影響、ネジの止め方、端子、もちろん電子部品ひとつかえただけでも音は変わります。自分自身はこの辺りは長い間の音楽制作+オーディオ経験+自作経験の中で体感してきました。例えば音楽制作でそういう小さな積み重ねが最終的な質を左右することって普通です。プラグインEQやコンプの質も、数をたくさん通せばそれだけトータルの仕上がりの質は違ってきます。オーディオでも同じようなことが言えるわけです。

例えば音楽制作の人にとっては単体のAD/DAやマイクプリ買ったり、高いモニターやシールド買ったりってのはオカルトではないし、そういうアップデートについては特に心理的抵抗がないと思うのです。その辺をオカルトって言ってる人はあまり見たことないです。実際スタジオや有名なエンジニアもそうしていますしね。でも特性と機能が必要十分な機材だけあればいいなら数万円のオーディオIFでもAD/DAやマイクプリも入ってますし、そこにヘッドフォンでもつなげば機能的に十分なんです。でもなぜ良いものを買うのかといえば、良い機材≒高い機材を買うのは「良い音を作りたい(目的とするニュアンスを出したいも含めて)」とかそういう目的があってすることです。でもそれはオーディオの「良い音を聞きたい」精神と余り違いはありません。

ただし何をやっても音が変わるといっても中には信憑性が不明な怪しいものもあります。でも一部の怪しいものを例にあげて何でもオカルトだというのは極端すぎます。本当に音が違うものもあります。ですが大半の人にとってはそんな違いは本当に「些細な違い」だし、実際に比較して聞いても全然わからないか、お金をかけるほどの違いには感じないかもしれません。それも事実だと思います。

しかし機材や耳のレベルが上がってくると些細な違いがより明確になりますし重要になってきます。私自身まだまだではありますが今までの成長の道がそうだったので、きっとこれからも同じでしょう。確かに一つ一つは些細な違いかもしれませんが、たくさん集まれば大きな差になります。特に音楽制作で本当にいい音を作っている人達は、私が伝聞している範囲ですが制作環境もこだわってるし、耳のレベルも高いです。逆にその辺りを信じていない疎かにしている人は大抵何かに偏っているか極端な音を作っていることが多いです。もちろん例外(モニターが良くなくてもいい結果を出す人)もいると思いますが、モニター環境が良いほうが耳も育つのが早いしあとあと有利だと思うのです。

とにかく自分自身の耳のレベルと身の丈にあった予算の範囲で良い音を目指すのは全然おかしいことではないと思います。

発電所コピペの真相?

オーディオで真偽が怪しい物の一例をあげます。特に頻繁に見かける↓の発電所コピペ。どこまでネタでどこまで本気で信じられているのかわからないのですが、これはあくまで冗談であって本気じゃないだろと思ってます。が、まじめに信じてる人もいたら困るので、ちょっとここではあえて突っ込んでみます。

電力会社     長所      短所   お奨め度
——————————————————————
東京電力     バランス   モッサリ遅い    C
中部電力    低域量感   低域強すぎ   A+
関西電力    高域ヌケ   特徴薄い    B
中国電力    透明感     低域薄い    B+
北陸電力  ウェットな艶   低域薄い     A-
東北電力    密度とSN   低域薄い    A+
四国電力  色彩感と温度   低域薄い    A
九州電力     バランス   距離感      C
北海道電力   低域品質   音場狭い     B-
沖縄電力    中高域艶   モッサリ遅い     A

これだけ見るとそれっぽい表なんですが、この表自体が元々は電源ケーブルの音質差についての表とすごくよく似ているので、ただ改変しただけで真面目に発電所の違いを検証したデータとは考えにくいです。元ネタの電源ケーブルの比較表は↓にあります。元ネタの表を見ると内容はほぼ同じ並びになってます。上の発電所の表はこの表を弄って作ったように見えます。

自分自身電源ケーブルの比較表を時系列では先にみていて、その後で発電所のコピペを見かけるようになったので順番的にも「先:電源ケーブル比較表」「後:電力会社比較表」だと思ってます。時系列を分かる範囲で調べてみたのですが電源ケーブルのオリジナルの表を最初に書いたのが調べた限り一番古い書き込みで2003年のものでした。電力会社の表は調べた限り2004年が一番古いようです。

http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/pav/1055926692/270

なので、有名な発電所コピペは誰かが面白がって電源ケーブルの比較表を改変して作ったもの、というのが結論と思います。まぁ発電所も本当に変わるかもしれないのですけど比較試聴は現実的じゃないですね。

メーカー 製品名   定価      長所     短所   お奨め度
———————————————————————
Kimber PK-10G    5.8万    バランス   モッサリ遅い    C
Fisch Cord P-3   5.8万    低域量感   低域強すぎ   A+
スペタイ ACスペシャル   5.8万    高域ヌケ    特徴薄い    B
シナジ マスカプ    5.0万    透明感     低域薄い    B+
PAD イスタール    6.0万    ウェットな艶   低域薄い    A-
MIT ショットガン   4.9万    密度とSN    低域薄い    A+
NBS サーペントIII  5.9万    色彩感と温度  低域薄い    A
WW ERPⅢ+   5.7万    バランス    距離感     C
トラペ PLS     4.1万     低域品質    音場狭い    B-
オルト PSC5.0Q+金ワッタ 4.0万    中高域艶   モッサリ遅い    A
ACデザイン ZERO1.4   5.6万    異常な高解像度 エッジがキツイ    A-
MIT Z-cordⅢ   8.5万    バランスと密度  なし      S
Camerot PM-750   8.5万   バランスと透明感 空間表現    A+
NBS SignatureⅢ 8.4万    色彩と密度   なし      S
トラペ RPL     8.2万    低域とバランス  細めの中高域  A-
PS X-Stream   8.0万    低域凄すぎ   取り回しと粗さ A
WW SEPⅢ   10万前後  キラキラ輝く高域  低域薄め    A 
Cardas GoldenReference 8万? 中高域の厚さ  チョイくどい?  A
シナジ リファレンスマスカプ 10.6万    透明感と情報量  なし     A+

こっちの電源ケーブルの表なんですが、正直普通の人からしたらなんで最後の数メートルの電源ケーブルで音質差あるの?ってなるかと思うのですけど、実際電源ケーブルの音質差は、理由は不明なんですがあります。個人的には振動の影響かなと思ってるのですが。でも分かる人からしたら発電所よりはケーブル交換の聴き比べのほうがずっと現実的です。

実際に音楽制作をやっててプラグインEQごとの音質差がわかるなら、電源ケーブルの音の差は余裕でわかるはずです。なので、この表にあるケーブルについては実際に聴き比べたことはないのですが、こっちは本物のレビューじゃないか?と思っています。

 

オーディオトップに戻る