電波ソングの真面目な考察 さしみちゃんもあるよ

今日は先日アップされた216さんの大変素晴らしい動画の裏で鳴っている曲ですが、この曲は一応電波ソングっていうジャンルになると思うのですが、今日はじゃあ電波の定義ってなんでしょう?ってところから書きたいと思います。

よくある電波ソングって?

昔このあたりについて電波ソング大好きな人と深く語り合ったことがあるのですが、まずはなんとなく一般的な電波ソングのイメージや特徴でいうとこんな感じで考えられているのではないかと思います。

  • 電子音中心、テンポ早め、明るめの曲
  • 掛け声や連打のセリフがある
  • ボーカルの声が高い、またはそれ以外の特徴的な声
  • ちょっと際どかったり、変わった題材の歌詞

とりあえずこの辺満たしていたらよくある電波ソングかなぁという風に感じるのではないかと思います。でも実は電波ソングはこのような要素だけではたりなくて自分的にはこれだけの要素だと電波って言うには弱いんじゃないかと思っています。なぜそうなのか?それを詳しく書いていきます。

ニコニコ大百科での記述

http://dic.nicovideo.jp/a/電波ソング

調べてみたらこの辺に気合の入った記事があってよくまとめられていたので、せっかくなのでリンクを貼ってこちらより一部引用します。上のページで電波ソングの特徴として書かれている内容です。

  1. 「萌え」要素が含まれ、萌えることを念頭においた「萌えソング」。
  2. リスナーに「中毒」「依存症」を引き起こすほど極めて印象的な楽曲。

上にかいた4項目に該当する曲も1に近い特徴を持っている曲が多いですね。大百科からせっかく引用したのですが個人的にはこの1のみの曲はもう今では電波と呼ぶには弱すぎると思っていて、2の要素が何らかの形で強く絡んでいることは必須条件ではないかと思うところです。とくに電波っていう名称が出始めた初期の頃みたいに1だけの楽曲すらレアだった時代と違って、今はそういう楽曲はいくらでもありふれています。現代では1だけじゃあ既に普通の曲レベルで、他に際立った何かがなければ全くインパクトもなければ記憶に残る曲にもならないです。

あくまで電波の初期時代は1の要素だけでもレア度の高さから2を感じた人がいたというのが1のみの楽曲で電波と呼ばれてしまった真相ではないかと考えます。

むしろ電波の本質に近いのは2のほうです。これはあらゆる広義の意味で考えれば印象的であればなんでも良いのでかなり幅の広い表現まで含まれます。ここが実は電波の深いところだと思うのです。そういう視線で記事の上にかいた4つの条件をみるとどれも聞き手に強く印象づけるための手段の一部でしかないとみなせます。なので実際にはこれだけじゃなくて次のような要素も必要になると思います。

Continue reading “電波ソングの真面目な考察 さしみちゃんもあるよ”